Home > スポンサー広告 > だしおさんが紹介していた「カブトボーグ」のアニメに付いて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > だしおさんが紹介していた「カブトボーグ」のアニメに付いて。

Home > 未分類 > だしおさんが紹介していた「カブトボーグ」のアニメに付いて。

だしおさんが紹介していた「カブトボーグ」のアニメに付いて。

  • Posted by: 倉麻るみ子
  • 2009-10-11 Sun 00:42:00
  • 未分類

詳しい事は
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8467509
↑ここをクリック。


まず、俺の勝手な思い込みですので、読みたくない人はスルーしてください。

では、反転よろしくお願いします。


とりあえず、主人公は確かに目立って主人公らしさを醸していてとてもいいです。
だけど、こいつの性格はひどすぎる。
ほめられると、すぐ天狗になるタイプだし、友人をいとも簡単にパシリに扱い、友人に酷い事があったにもかかわらず、その友人をいじめ倒すように馬鹿にする。
4年前の事件を、自分はやってませんよ~と、近くにいた仔犬に「大丈夫か?ここは危ないから早く逃げるぞ!」といってそそくさと逃げる。
バレバレの変装。しかも、その変装の仕方が本人の腹殴って気絶させてその服の中に潜り込んで本人と言い張る。

ホントに、こんなのが主人公とは思えない。

友人の頭をとことんまで馬鹿にする言い方、小さな子供には真似するなときっと書いてあるだろうが、そんなのですむんだったらいじめは広がりませんよって話。
人の事をあそこまで馬鹿にするなんて、実際あんな事言われたら絶対死んじゃいますよ。
子供だからって何でもしていいと思ったら大間違いだ。

それと、法律のお話。

まずは・・・
望月先生とやらが、何か悪者集団の仲間だと小学1年生の主人公と一緒にいたクラスメイト?が知ることになり、カブトボーグでバトルして工場ごと破壊。
警官と婦警さんが現れ「事情を聞かせてもらおうか」まではいいんだ。

「逮捕だ!!」

このセリフ聞いた時は、あの警官馬鹿だと思った。
法律的に14歳以下は、警察の人に御用になる事はない。
なのに、当時小学1年生、つまり7歳の少年を「逮捕だ!!」と捕まえ、実刑判決を下す始末。
あの場面では「こういう事をすると、警察に捕まっちゃうよ」という事を伝えたかったとはおもけれど、やり過ぎる。実刑判決とか馬鹿じゃないの?みたいな。
なんていうか、あの世界は、カブトボーグで暴動起こしたら年齢関係ないんだなって思った。

そして、夏休みの宿題やってないからといって、暴走しだす主人公とその友人。
「みんなも、夏休みの宿題はちゃんと自分でやろうね!」とアニメ内ではいったとは思う。
だけど、あれもやり過ぎる。
宿題やってないからカブトボーグでバトルして、主人公が勝ったらそっちの宿題よこせ、そっちが負けたら何かどーでもいい自由研究と、なんだっけ?なんかもらっていけと要求。
そして、たかがおもちゃのバトルで吹っ飛ぶ子供たち。
主人公は次のターゲットを決める。決めた相手は同級生、しかも女子。
いじめを起こすかの如く執拗に追い詰める。うざい。


あの動画は、主人公の外道なところしか出てないから、いいところもあったはず。
だけど、悪いところが極端すぎる。悪い性格が、物凄く強調されているアニメだ。
「○○はしてもいいけれど、△△はしちゃいけないよ!みんな真似しないでね!」と言いたくて作っているというのはわかるんだが、小さなお子様は絶対にわからない。自分の親に言われるまでは。
でも、「真似しないでね!」といっても、真似をするひねくれ者だっている。大人は、子供たちに起こるいじめの本当の怖さを知らない。
「自分だってやられた事はある!」と言っても、時代は代わるもの。同じとは限らない。

とにかく、アニメ的には面白い。ご家庭で楽しく見ながら過ごせるアニメ番組だと思う。
でも、これが実際だったら、主人公は果てしなくやり過ぎるかと・・・。

とまぁ、真面目に書いてみた。
ホントに勝手な意見でごめんなさい。

マジでアニメ的には面白いよあのアニメ。
でもねー・・・。



とかいう、一般ど素人の意見でした。
不快に感じさせて申し訳ありません><

スポンサーサイト

Home > 未分類 > だしおさんが紹介していた「カブトボーグ」のアニメに付いて。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。