Home > スポンサー広告 > フランシスが死んだ後。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > フランシスが死んだ後。

Home > 携帯日記 > フランシスが死んだ後。

フランシスが死んだ後。

  • Posted by: 倉麻るみ子
  • 2009-12-30 Wed 08:47:03
  • 携帯日記
いや、ホントは生きてるけどまわりから見れば死んでるって事で。






「ちょっと!何でフランシスを殺したのよ!!」

ミジョルはリースに怒鳴り付ける。

「うるさいね、黙ってろよ。じゃなきゃあんたも殺すよ?」

最後の「殺すよ?」だけを強調していった。

「ひどい・・・酷いわよ!!」
「黙れっていってるんだ、解らないのかい?」

鎌の刃先をミジョルに向けた。今にも刺さりそうである。
そして、ミジョルにだけ聞こえるような声でこう言った。

「後でいろいろわかるから。今はフランシスの事は忘れておいて。」
「・・・・・・!」

リースの言った言葉がよくわからなかった。後でいろいろわかるとは、一体どういう事なのだろうか?

「さ、次の順番はマリア、君だよ。弟にちゃんと挨拶しておきなよ。」
「た、確かにあの子はどうみても私の弟だけど・・・正体なんかあかせないわよ!」
「どうしてさ?」
「死神やってるなんてわかったら、ショック受けるでしょ?」
「あぁ、なーる。」
「じゃ、行ってくるわね。」
「はい、いってらっしゃい。」

こんな会話をしているにも関わらず、ミジョルは未だに先程の事を考えていた。しかし、考えるよりも聞いたほうがマシだ。

「ねぇ、いろいろわかるって何よ?」
「いろいろはいろいろさ。今は言えないね。言ったら面白くない。」
「何よ!何かのドッキリなわけ!?」
「さぁ、どうだか。」
「もう、リースちゃんははっきりしない子ね!まぁ、そこがいいんだけど☆」

言いながらミジョルは、リースに抱き着く。勿論本人は嫌がっている。
そんな後継を遠くから見てるヴァリスは何故か嫉妬している。

しかし、ミジョルはこの時フランシスが生きているなんて考えもつかなった。フランシスが死んだと光景を、小型モニターで見てしまったから・・・。






ってなわけで、こんな会話がされていましたよっと。
山が前に「矛盾してない?」とかなんとかいってたから書いてみた。

そんな感じ。
スポンサーサイト

Home > 携帯日記 > フランシスが死んだ後。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。