Home > 携帯日記 > グダグダ内容考える。

グダグダ内容考える。

  • Posted by: 倉麻るみ子
  • 2010-01-09 Sat 17:14:06
  • 携帯日記
小説のね。

スピンオフ2を終了させたら、またその後の話を書こうとしてるのさ。
つまり「3」って訳で。

えっと、100年に1度現れるめちゃくそ強い悪霊がいるの。
そいつが、100年もたってないのに現れるの。
そやつの相手が出来るのは死神部隊第一部隊の隊長と副隊長。
つまり、今でいうとこうt(ry)リースとヴァリスなわけ。
でも、リースは一人で大丈夫とか言い出すわけ。
それで、ヴァリスを置いて一人で行っちゃうの。まぁ、鎌に変身出来るクロアがいるから一人じゃないんだけど。

で、戦っててリースでも苦戦するの。
そんな時に、その事実を知ったミミとナナがこうちゃん助けに行くとか言い出して、その場所に行くわけよ。
それで、ミミとナナが到着した頃には、相打ち状態なわけ。
リースも悪霊も動けないってわけね。
でも、悪霊は意地でもリースにとどめさしたくて動くの。
こうちゃんピンチ!!!!なわけ。

そんな光景みたミミとナナは助けずにはいられないから、その悪霊に攻撃入れるわけ。
でも、二人の力じゃその悪霊に決定的なダメージ与えられないの。ただ、視線をそらさせるぐらいなの。
リースは二人にやめろとか言うわけさ、でもミミとナナは聞いてくれないというか、助けたい一心というか、とにかく攻撃続けるの。
だけど、その悪霊動けなかったはずなのに、ミミとナナにダメージを与えるの。しかもかなりの致死量。
それでも、リースのために必死に戦って、今まで攻撃した中で最大の力を放出して、悪霊を倒すんだけどその爆発に巻き込まれるの。
それみたリースはもうダメだって思ったんだろうね、かなり呆然としてるの。
それで、爆風がおさまって砂埃が消えたとき、倒れてる二人を見付けて動けなかった体を必死に動かして、近くに寄るの。
二人はもう瀕死で、今にも死にそうなの。そんな状態なのにリースの心配するんだよ。「こうちゃんが無事でよかった」ってね。
そんな事はいいから、今はしゃべっちゃダメっていうのよ。
クロアが救護班を呼ぶんだけど、なかなかこないわけ。リース物凄く焦るよね。

で、「こうちゃんと一緒にいられて楽しかったよ」とかなんとかいって、最期に「大好きだよ、私たちのお兄ちゃん」っていって息ひきとるの。
それを目の当たりにしたリースは大声で泣くわけ。
二人が亡くなってしまった悲しみと、自分は何もすることが出来なかった悔しさでね。

それで、ようやく救護班がくるの。おっせーよ!!的なね。
一応二人の体を運んで帰るんだけど、ショック受けてるから「今はそっとしておいて」ってかわりにクロアが辛そうにいうの。
それで、クロアがヴァリスに事情話してるときに、リースの中にいるアリスが話し掛けるのよ。
それで「我の力を使わなかったせいだ」とか何とか言って、リースを誘いにのせようとするの。
リースはもう何も考えれなくて、自分が弱かったせいだとか言い出すの。だから、アリスは波長を合わせれば本当に最強の死神になれるぞとか誘って、その誘いにすぐにのるの。
で、アリスがリースを乗っ取る感じになって、やっぱり最後は不気味な笑いと。

まぁ、こんな感じなの書こうと思ったけど、いろいろと本編と矛盾しちゃうから書くのやめるっていうね(゜ω゜*)
それに、あまりにも可哀相だし(´・ω・`)
ミミとナナは死なせちゃダメだよ、うん(`・ω・´)

とまぁ、そんな感じ。
グダグダ内容だから、本編じゃ書かないわよー的なね(゜∀゜*)
とにかく、スピンオフ2を終わらせろってねwwwww

そんなもんですわ(*^ω^)
スポンサーサイト

Home > 携帯日記 > グダグダ内容考える。

Return to page top