Home > スポンサー広告 > 【ネタバレ注意】セレビィイベ ント。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 【ネタバレ注意】セレビィイベ ント。

Home > 携帯日記 > 【ネタバレ注意】セレビィイベ ント。

【ネタバレ注意】セレビィイベ ント。

  • Posted by: 倉麻るみ子
  • 2010-07-14 Wed 19:04:14
  • 携帯日記

アリス「セレビィゲットだぉ(*^ω^)」
セレビィ「うわぁ、なんか凄い特徴のある喋り方。」
アリス「ウバメの森にいくぉ(=゜ω゜)ノヤミヨマルよろしくo(^-^o)(o^-^)o」
ヤミヨマル「はいはいっと。」

ウバメの森

アリス「着いたぉ。早速祠を調べるんだぉ!・・・あ、ヒビキが来たぉ。」
ヒビキ「やあ、アリス。そこの祠の噂知ってる?祠にイタズラすると神隠しにあうらしいよ。」
アリス「マジでwww別にイタズラしに来た訳じゃ・・・うを、まぶしっ!」
ヒビキ「????何だ、今の!?」
セレビィ「ちょっと時渡りしますよ~。」
アリス「ちょwwwおまwww」

・・・・・・

ヒビキ「ここは・・・・・・?」
アリス「どうみてもカントー地方だろ、バロスwwwwwww」
ヒビキ「ウバメの森が消えた!?」
アリス「消えたとかwwwwwアホスwwwww」
セレビィ「ひどいけなしようだ。」
ヒビキ「・・・・・・違うみたいだ。僕らの方が、他の場所へ移動した・・・・・・?変だぜアリス!ポケギアのラジオつけたら、3年前の日付をいってた!」
アリス「あ、ホントだぉww」
ヒビキ「もしかして・・・・・・そのポケモン・・・・・・セレビィ?」
セレビィ「時渡ってみました。」
アリス「ワロタw」
ヒビキ「そうか!セレビィが原因だよ!僕のおじいちゃんが言ってたよ。セレビィは時渡りという不思議な力で、自由に時間を飛び越えるって!」
セレビィ「凄いでしょ。」
アリス「凄すぎwww」
ヒビキ「きっと僕ら、セレビィに過去の時代へ連れて来られたんだ!」
アリス「つか、何故連れてきたしw」
セレビィ「何故でしょう?」
アリス「ちょwwwおまwww」
ヒビキ「!誰かいるよアリス!行ってみよう!」
アリス「一人でうろちょろするなwww」


ラチナス「一番だって・・・・・・世界で一番強いって言ってたじゃないか!」

アリス「あ、ラチナスだぉ。あれは当時7歳かな?」

ラチナス「やめちゃうのかよ!?どうすんだよこれから!?」
サカキ「・・・・・・・・・負けを認めなければ、先には進めない・・・・・・。私はより強い組織を作るため、今は一人になる。」
ラチナス「強いってなんだよ!大勢で集まったって、結局子供一人に負けたじゃないかよ!!」
サカキ「大勢の力を組み合わせることで、大きな力を生み出す。それが組織というもの・・・・・・組織の強さなのだ!私は部下達の力を生かしきれなかった・・・・・・!私はいつの日か必ずロケット団を復活させる!」
ラチナス「分かんねえ!親父の言ってること、全然分かんねえよっ!」
サカキ「・・・・・・お前にも分かる時が来る。」

サカキ去る

ラチナス「分かりたくないっ!オレは親父みたいにはならない!一人だと弱いくせに、集まって威張り散らすようには絶対にならないぞっ!強い男になるんだっ!一人で強くなってやる!一人で・・・!」

アリス「あ、こっちに来たぉ。」

ラチナス「・・・なんだよ、人の事じろじろみてんなよ!」
アリス「イタッ!突き飛ばされたぉw」

ラチナス去る

ヒビキ「何だよアイツ!酷いなっ!」
アリス「ラチナスはこの時から生意気だったんだぬぇw」
ヒビキ「でもあの二人の会話・・・どういうことなんだろう?ロケット団の復活・・・?確かロケット団は3年前、カントー地方の子供に壊滅させられたって・・・ということはやっぱり、ここは3年前なんだっ!」
アリス「3年前の世界だって知ってたぉwwwwwってか、またまぶしっ!」
セレビィ「あい、また時渡ります。」
ヒビキ「あっ!さっきと同じ・・・!セレビィの時渡りだ!」
セレビィ「では、いきまふよ!」

どこかの場所

アリス「ちょwwwどこだよここwwwってさっきのオッサンだww」
サカキ「・・・・・・君が何をしにここまで来たのか分からないが、ここは君らのような子供が来るところではない。」
アリス「来ちまったもんはしょうがないぉwwwwww」
ヒビキ「あれっ!さっきの目つきの悪いヤツと喧嘩をしてたおじさんだっ!」
サカキ「そのまなざし・・・・・・3年前を思い出す。私の前に立ち塞がった、あの時の子供・・・そいつと同じ目をしている・・・。」
アリス「ちょwwwマジでwww」
セレビィ「ふざげてるようにしかみえないんだけど。」
サカキ「・・・・・・仲間の呼び掛けに答えるため、コガネシティへ向かおうとする、私の邪魔をするのか!?」
アリス「ちょwww話を進めるなwwwww」
ヒビキ「3年前・・・?コガネシティ・・・?もしかして、この人がラジオで呼び掛けていたボスのサカキ!!」
アリス「マジかwってことは、ラチナスは・・・。」
ヒビキ「ほらアリス!ラジオ放送が変だよ!ロケット団がコガネのラジオ局を占拠してるっ!この事件はアリスが解決したはずなのに!!」

ラジオ『・・・・・・こちらはコガネラジオ塔、こちらはコガネラジオ塔。3年間の努力が実り、今ここにロケット団の復活を宣言するー!・・・サカキ様ー!・・・聞こえますかー?我々ついにやりましたよー!・・・・・・。』

サカキ「かつての仲間が、私を必要としている・・・・・・3年前の失敗はもう二度と繰り返さない!ロケット団は生まれ変わり、世界を我が物にするのだ!」
アリス「ちょwwwwバトルかよwwww」

なんやかんや、バトル。

サカキ「これはどういうことだ!どうみても、私より未熟なただの子供じゃないか!」
アリス「ただの子供じゃなくてサーセンwwww」

そして・・・

アリス「うふふ、勝ったぉwww」
サカキ「君は何者なんだ?」
アリス「ポケモントレーナーのアリスだぉww」
サカキ「なっ、何故だ・・・!私の3年間は無駄だったのか・・・!またしてもこのような子供に、我が野望を打ち砕かれるとは!」
アリス「残念ですたww」
サカキ「ロケット団最高の夢が、幻となって消えていく・・・。」

サカキ去る

アリス「いっちゃったぉ。」

ラジオ『・・・・・・おーい!サカキ様は一体どこにいっちゃったんだろう?どこかでこの放送、聞いてくれてるかなぁ・・・・・・。』

ヒビキ「呼び掛け続けても、ボスはもう来ないのに、気の毒な連中だよ。このあとアリスにたたきのめされるんだし!」
アリス「そだぉwww」
ヒビキ「・・・あれ?アリスはここにいるよ?じゃあ、誰がラジオ塔のロケット団をたたきのめすんだ・・・・・・??」

セレビィ「元の世界に時渡りしますよー。」

ヒビキ「まただ・・・!もうたくさんだっ!元の時代に戻してくれっ!」
アリス「ヒビキうざwwww」
セレビィ「酷い言われよう。」

ウバメの森

ヒビキ「タイムスリップって気持ちのいいもんじゃないな。」
アリス「つーか、ヒビキ何もしてないだろ、バロスwwwwwww」

マリル→ぴょんぴょん

ヒビキ「あっ!ぼくのマリルっ!もう会えないかと思ったよ!」
アリス「大袈裟なヤツだw」
ヒビキ「ってことは、僕たち元の時代に戻ってきたんだ!」
アリス「みたいだぬぇ。」
ヒビキ「何か不思議な体験だったけど、元の時代に戻ってこれたし、ロケット団の野望は阻止したし、終わりよければすべてよし!だよな?」
アリス「まぁ、そりゃそうだぉ。ヒビキは何もしてなかったけどねw」
セレビィ「まだ引っ張るんだ・・・。」
ヒビキ「アリスと一緒だと、大冒険に巻き込まれて面白いけどな!今日はさすがに疲れたよ。」
アリス「ちょwうちのせいのような言い方するなwww」
ヒビキ「僕帰るね、じゃあな!」

ヒビキ去る

アリス「ヒビキってさ、口調定まらないよね。」
セレビィ「あなたが言うことじゃないかと・・・。」






ってことで、セレビィイベントですた。
楽しかったwwww


そんな感じ。
スポンサーサイト

Home > 携帯日記 > 【ネタバレ注意】セレビィイベ ント。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。