Home > スポンサー広告 > 俺様がキャラ(というか小説のストーリー)を作る時にすること(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 俺様がキャラ(というか小説のストーリー)を作る時にすること(?)

Home > 未分類 > 俺様がキャラ(というか小説のストーリー)を作る時にすること(?)

俺様がキャラ(というか小説のストーリー)を作る時にすること(?)

  • Posted by: 倉麻るみ子
  • 2009-04-20 Mon 21:05:00
  • 未分類

あくまでも俺様流です。ご了承ください。

ひとまず、俺様の代表的な小説「無尽の鎖」を例として話します。

俺がオリキャラを作るきっかけとなったのは、とある音楽。
その音楽を聴いて、お話が書けそうだと思って書き始めた。

まずはそのとある曲を聴き、そこでどんな状況なのかを見極める・・・っていうか、妄想。
そして、登場人物を決めます。
一番最初に登場したカイン君。お話を書いている時点では、まだ彼の設定が整っていません。
ましてや、名前すらも決まっていません。
とにかく最初は「17歳ぐらいの青少年」と呼称していました。

そして、彼は遺跡の中で鎖に巻かれ封印されている少年と出会います。
この少年が主人公のラルド君になります。
彼らは出会い、名乗ります。

そこで、この二人がどんな性格か、どんなことができるのかを頭に浮かべ、ひとまず置いておきます。
一番最初のお話では、まだ彼らがどんな人物像をしているのかがわかりません。
そして、お話を何度か書いているうちに彼らを理解できるような設定にありつけるのです。

ちなみに、ラルドはとてもおとなしく、冷静沈着。しかし、カインといることでほんの少し活発的な性格になっていくのです。
カインはとても好奇心旺盛で、何かに興味を持ちよくいろいろなことに首を突っ込む、やんちゃな性格。しかし、基本は人にやさしい性格をしています。

こんな風に、お話に登場人物をひとまず出していき、そこからいろいろな詳細設定を行っていくのです。

ちなみに、最近できたオリキャラの氷川龍一君はひとまず自分もオリキャラを作ろうという意志で絵を描いていき、最後に名前をつけ、設定を作っていきました。
彼にはまだまだ設定を付け加える予定でいます。



まぁ、こんな感じですね^^;
私は、もともと小説を書いている身だったので、キャラづくり的な事になるとお話を考えてからという順序になってしまいます^^;
順序間違っていると思いますけどね^^;

とにかく、少しでも参考になればなぁ~・・・とか何とか思ってたりしてます^^;
全く参考にならなかったら、笑ってやってください><

スポンサーサイト

Home > 未分類 > 俺様がキャラ(というか小説のストーリー)を作る時にすること(?)

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。